モルタル壁に定期的な塗装が必要なわけとは?

モルタルは定期的な塗装でメンテナンスをする必要がある

モルタルとは、セメントに砂と水を混ぜたもので、外壁によく使われている建材です。

表面がザラザラとしていて、コテでいろいろな模様を付けられるため、質感が高く、おしゃれな外観にできることから、サイディングと同じように人気があります。

セメントを使っているので丈夫というイメージもありますが、実は定期的なメンテナンスが必要な外壁でもありますので、塗り替えのタイミングを逃さないようにすべきです。

モルタルは防水性が低く、水分を浸透させやすい特徴を持っているため、表面の塗装が剥げてきたり劣化したりすると、家の内部に湿気をもたらす結果となります。

また、モルタル自体がもろくなってボロボロになることもありますので、水を侵入させないメンテナンスが家を長持ちさせるコツです。

さらに、地震や強い乾燥と湿気の繰り返しなどによって、モルタルが伸縮してひび割れが起こりやすいという特性も持っています。

塗装自体はまだ大丈夫でも、こうしたひび割れから水が入ってきてしまう可能性があります。

モルタル外壁というのは多くの家で採用されていますが、しっかりと状態を確認する必要があり、定期的に塗装が求められるということを覚えておきましょう。

モルタル塗装のやり方と特徴

モルタル塗装も、基本的な工法はサイディング塗装と変わりません。

洗浄をした後に窓などを養生してから、下地を作るための下塗り剤を塗ります。

その後、2回ほど上塗り材を塗って完成させます。

しかし、モルタル壁の場合は、上記のように劣化による欠けやひび割れが生じやすい傾向にありますので、事前にしっかりと補修をしなければなりません。

モルタルやコーキング材を使ってひび割れなどを埋めていき、仕上がりがきれいになるようにします。

さらに、サイディングよりも水分を吸収しやすいため、より粘度のある下塗り剤を使ったり、多めに塗料を塗ったりすることも求められます。

余計に塗料を消費することもありますし、作業時間も多少長くなるケースも見られます。

上塗り剤も厚めの塗膜を作るような塗料を選ぶと共に、塗り方にも工夫をしていきます。

リフォームのワイケーは、モルタル壁の塗り替え実績も豊富にあり、家ごとに違う状態に合わせて工事をします。

事前のチェックもしっかりと行い、適切な塗料と工法の提案をした上で、安心できるリフォームを提供しますので、お気軽にご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP
TOP