外壁の色の選び方のポイント

年数が経過した時のことをイメージして色を選ぶ

 

外壁や屋根を塗り替える時には塗料の色を決める必要があり、施主様を悩ませるポイントとなります。

施工会社が色見本を持ってきて、その中から選んでもらうことが多いですが、本当にたくさんの色の種類がありますので、どれにしたらいいのか、迷ってしまうものです。

考えるべきポイントの中でも、後悔しない色選びの大事な点として、塗り替えから年数が経っても見栄えが良いものかどうかということがあります。

塗り替えたばかりの時は、艶があって色がはっきりとしていますので、きれいに見えます。

しかし、経年劣化によって、どうしても色が褪せてきたり、汚れが目立つようになったりします。

そのため、塗ったその時のことだけでなく、汚れが目立たない色か、色が多少褪せてもきれいに見える色かということを考えましょう。

明るくて強い色は、色褪せしてくると、その差がはっきりとしてくる傾向にあります。

たとえば、原色に近い赤や青といった色は、日光がいつも当たるところとそうでないところで色の濃さが変わってしまうので、古くなってきているという印象が強くなります。

また、ホワイトやブラックといった無彩色は汚れが目立ちやすく、色自体は残っていても、なんとなく汚い印象となりがちです。

こうした点を考えると、濃すぎない定番カラーというのが、経年劣化や汚れに強い色と言えます。

グレーやクリーム系の色は、穏やかな雰囲気を与えてくれる色として人気が高いですが、無難であるだけでなく、汚れが目立たないとか、色褪せてもそれほど気にならないというメリットがあります。

周りとの調和も考える

ほとんどの住宅は、近隣の家と近い距離にあって、街として一つの風景を作り出しています。

そのため、塗り替えの場合の色を決める際には、周りとの調和も考えるようにしましょう。

おしゃれでちょっと明るい色にするのも良いのですが、周りが落ち着いた暗めの色の家ばかりだと、1軒だけ浮いている感じがして、おかしく見えてしまうことがあります。

そのため、自分たちとしてはこの色が好きという組み合わせがあるとしても、やはり自分の家が周りの中でどう見えるか、ということもイメージして選ぶべきなのです。

たくさんのリフォーム実績があるワイケーは、塗り替えの色選びのお手伝いもします。

どの色が人気なのか、どんなふうに見えるのかなど、アドバイスをすることもできますので、ご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP
TOP