外壁塗装に塗替え時期について

家の塗替え時期については、いつ、どんな時、こう考えているお客様は多いと思います。塗替えを考えるきっかけはいろいろあると思いますが、まずはご近所さんが塗装している、営業マンが訪ねてきた、チラシが入っていた等、外部からの刺激、又ご自身では築15年は経っている時、よく見ると外壁の色褪せが気になる時等、様々な要因が挙げられます。そこで、塗替えの時期のポイントを整理していきたいと思いますが、その前になぜ塗替えが必要なのでしょうか。外壁・屋根は常に風雨にさらされており、年数が進むにつれ、外壁・屋根の表面が風雨により、浸され防水効果がなくなり、劣化していきます。防水効果がなくなると、水を吸った状態になり、決して良くありません。また、色褪せの状態にもなり、美観的にもよくありませんので、塗替えは家を長く、価値あるものにするためにも必要なことです。

塗替えのポイントとして、外壁の色褪せ、ひび割れ、外壁を手でこすった時に白く付くいわゆるチョーキング現象、屋根の苔の具合、鉄部の錆などのチェックは新築から10年以上の場合必要です。塗替えは12年以上でチェックされた方が良いと思います。

次に塗替え時期については、営業していますとお客様から、よく時期は一年のうちいつ頃が良いですかと聞かれます。これには、気温・湿度も当然関係してきますが、まず塗料の性質をつかんでいなければなりません。塗料には、油性と水性があります。塗る材料により、油性・水性それぞれ選んで使用しておりますが、最近では水性塗料が主流で使用されていると思われます。

塗料は乾燥時期には喰いつきもよく、仕上がりもよいのでその時期が比較的に良いのではと言われていますが、近年は塗料の性質もよく、品質向上されて、オールシーズン良いのではと思います。但し、気温が塗装時5℃以下の時は、湿気等の関係で作業しないようになっております。最近の気候は、急に雨が降ったりと天候の変化についていけないこともありますが、塗装箇所が乾いているかが重要かと思います。時期につきましては、私なりに整理致しますと、オールシーズン(青梅市の場合)よく、但し気温が5℃以下の時は避け、湿気を含んでいる状態の時も避けることを塗装業者と打ち合わせして、なるべく乾燥状態での作業であればオールシーズンOKだと思います。

外壁・屋根塗装 他、ご相談はどうぞお気軽にリフォームのワイケーまでお問い合わせください。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 青梅市で雨樋交換工事と修理のポイント

  2. 青梅市で外壁・屋根塗装工事

  3. 瑞穂町で外壁塗装と目地シーリング工事

  1. 東村山市で土間工事

  2. 青梅市で洗面所床下工事

  3. 瑞穂町でトイレ床上げ工事

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP