クラックの原因とは?クラックの入りやすい場所とは?

クラックとは?クラックが入る原因

クラックとは、外壁などに入るひび割れのことを指します。

クラックは塗装の表面だけのこともありますし、サイディングや屋根材などの建材そのものに入ることもあります。

小さくてひび割れの幅がごく狭いものであれば、とりあえず経過観察します。

しかし、次第に大きくなっていたり、すでに幅が広くなっていたりする場合は、補修が必要となります。

というのも、そこから水が内部に侵入してしまって、そのままでは柱などの建材を腐食させてしまうからです。

また、建物の耐震性を弱めることもありますので、注意が必要な症状となります。

こうしたクラックができる原因はいろいろありますが、外壁の広い部分にできる狭いものについては、塗料の劣化が原因となることが多いです。

塗膜が乾燥したりやせたりして、その部分が収縮によって亀裂が生まれてしまうわけです。

コンクリートやモルタルを使っている部分では、施工時に含まれていた水分が乾燥することで、クラックができるケースもあります。

他にも、ある部分だけに大きな力が加わって、建材が破損することで、クラックを引き起こすことも考えられます。

構造クラックと呼ばれるもので、上記の原因よりも幅が広い亀裂となるケースが多いです。

また、開口クラックと呼ばれるタイプもあります。

これは、サッシの角など、力が集中しやすい場所に起きるものです。

クラックが入りやすい場所とは?

このように、クラックの原因を分けて考えることで、発生しやすい場所とその深刻度が分かります。

外壁の広い面積に狭いクラックが起きるのは、日光が当たりやすい面や、雨がかかりやすい場所であることが多いです。

厳しい気象条件に置かれ、それだけ塗料の劣化が進みやすいからです。

構造クラックは、土台やベランダの下などの重みがかかりやすい部分や、地震などで構造上力が加わりやすい所に多く見られます。

開口クラックは、サッシの角、特に下側に斜めに割れ目が入ることが多いです。

どちらもひび割れの幅が大きくなりがちですので、早めのメンテナンスが求められます。

リフォームのワイケーでは、外壁塗装をする前に全体をチェックして、補修が必要なクラックがあるかを確認します。

その上で、適切な処置を施してから塗装をしますので、建物を安全な状態に保てます。

心配な部分がありましたら、遠慮なくお知らせください。

より良いメンテナンスを行うお手伝いをいたします。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 青梅市で雨樋交換工事と修理のポイント

  2. 青梅市で外壁・屋根塗装工事

  3. 瑞穂町で外壁塗装と目地シーリング工事

  1. 青梅市でベランダ補修防水工事

  2. 青梅市で内装工事

  3. 艶あり艶消しのどっちの塗料を選んだらいい?

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP